イベント・シネマ

誰がために憲法はある

(C)「誰がために憲法はある」製作運動体
2019年  日本  

芸人・松元ヒロの一人語り「憲法くん」を新たに演じた名優・渡辺美佐子を筆頭に、原爆朗読劇を続けるベテラン女優陣が語る戦後と未来へ託す思いとはー。 「憲法くん」とは、井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子。文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。

公式サイト

[製作年]2019
[製作国]日本
[監督]井上淳一
[製作]馬奈木厳太郎
[撮影]蔦井孝洋/土屋武史/間賢治/向山英司
[音楽]PANTA
[出演]渡辺美佐子/高田敏江/寺田路恵/大原ますみ/岩本多代/日色ともゑ/長内美那子/柳川慶子/山口果林/大橋芳枝
[配給会社]太秦
上映情報はありません。
  • 常時暗号化(https化)に伴うアドレス変更のお知らせ
    • 日頃は中日新聞プラス シネマページをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、サービスをより安全にご利用いただくため、全ページの常時暗号化(https化:サイト全ページの情報を暗号化するセキュリティ対策)を実施いたしました。 これに伴い、URLは以下のとおり変更となりました。

      【変更内容】
      全てのページのURLが [http] から [https] で始まるURLに変更になります。

      (旧)http://cinema.chuplus.jp/
      (新)https://cinema.chuplus.jp/

      旧URLにアクセスいただいた場合でも、自動的に新URLへ転送されるため閲覧に支障はございませんが、ブックマークやお気に入りなどに登録されている場合は、お手数ですが新URLへの変更をお願いいたします。

      中日新聞社(2019.03.19)
  • 掲載映画館について
    • 愛知県の「上映時間」は、新聞広告(毎日の上映情報)に掲載されている映画館について、中日新聞プラス上でも配信しています。また「所在」のみ掲載されている映画館、掲載のない映画館もございます。あらかじめご了承ください。