イベント・シネマ

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

(C)2018 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved 
2018年  イタリア/フランス/ドイツ  

1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?欧米で活躍する歴史家、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元に、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。

公式サイト

[製作年]2018
[製作国]イタリア/フランス/ドイツ
[監督]クラウディオ・ポリ
[配給会社]クロックワークス/アルバトロス・フィルム
上映情報はありません。
  • 常時暗号化(https化)に伴うアドレス変更のお知らせ
    • 日頃は中日新聞プラス シネマページをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、サービスをより安全にご利用いただくため、全ページの常時暗号化(https化:サイト全ページの情報を暗号化するセキュリティ対策)を実施いたしました。 これに伴い、URLは以下のとおり変更となりました。

      【変更内容】
      全てのページのURLが [http] から [https] で始まるURLに変更になります。

      (旧)http://cinema.chuplus.jp/
      (新)https://cinema.chuplus.jp/

      旧URLにアクセスいただいた場合でも、自動的に新URLへ転送されるため閲覧に支障はございませんが、ブックマークやお気に入りなどに登録されている場合は、お手数ですが新URLへの変更をお願いいたします。

      中日新聞社(2019.03.19)
  • 掲載映画館について
    • 愛知県の「上映時間」は、新聞広告(毎日の上映情報)に掲載されている映画館について、中日新聞プラス上でも配信しています。また「所在」のみ掲載されている映画館、掲載のない映画館もございます。あらかじめご了承ください。