イベント・シネマ

今週のピックアップ作品

  • 2017年 日本
    12月1日(金)より公開
    (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

    鋼の錬金術師

    死んだ母を生き返らせたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成を行なう幼い兄弟のエドワードとアルフォンス。しかし、それは失敗し代償としてエドワードは身体の一部を、アルフォンスは身体全てを失い、鎧に魂を定着させた姿になってしまう。数年後、国家錬金術師の資格を得たエドワードは、失った身体を取り戻すため、絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。

    [制作年] 2017年
    [制作国] 日本
    [上映時間] 133分
    [配給] ワーナー・ブラザース映画
    [監督] 曽利文彦
    [脚本] 曽利文彦/宮本武史[原作]荒川弘
    [音楽] 北里玲二[主題歌]MISIA『君のそばにいるよ』
    [出演] 山田涼介/本田翼/ディーン・フジオカ/蓮佛美沙子/本郷奏多/國村隼/石丸謙二郎/原田夏希/内山信二/夏菜/大泉洋/佐藤隆太/小日向文世/松雪泰子
    [声優] 水石亜飛夢
  • 2017年 日本
    12月1日(金)より公開
    (C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

    探偵はBARにいる3

    「恋人の麗子が失踪した」。高田の後輩からのありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。次第に麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。マリはグループの代表・北城の愛人だった。そんな中、何かを思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンローがかわいがっていた、今にも死にそうに震えていた女――「あれか…? あれがマリか…?」
    緊張が走る裏社会、巨額の薬物取引、2つの殺人事件――。すべてはマリによる、北城をも欺く作戦であった。そしてマリは、探偵に最後の依頼を託す。その時、探偵と高田の別れへのカウントダウンが始まっていた。

  • 2016年 英=チェコ
    12月2日(土)より公開
    (C)TRIO IN PRAGUE 2016

    プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

    1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―。

  • 掲載映画館について
    • 愛知県の「上映時間」は、新聞広告(毎日の上映情報)に掲載されている映画館について、中日新聞プラス上でも配信しています。また「所在」のみ掲載されている映画館、掲載のない映画館もございます。あらかじめご了承ください。